歯科治療にはインプラントは欠かせません

インプラントとは、人体に埋め込む人工物の総称をいいます。


例えば、心臓のペースメーカーなどもインプラントと呼びます。

しかし、近年では、歯科治療に使われる人工物を埋め込むことをインプラントと呼ぶようになってきました。歯科治療のインプラントのほうがより一般的になってきたといえるからです。
インプラントの歴史は古いです。

@niftyニュースについての情報ををお探しの方は必見です。

例えば、古代ローマでは顎の骨に魚の骨を埋め込み、その上から義歯を接着させ、人工歯として利用していました。

また、古代アステカ文明では、顎の骨に鉄を埋め込み、その上から義歯を接着するという方法が確立されていました。


このように、大昔から、人間は物を食べるために人口の歯を利用してきたことがわかります。

現代では、こうした顎の骨に埋め込むのは、鉄や魚の骨ではなく、チタン合金を使います。

チタン合金は顎の骨に埋め込むと、骨と接着するという特性を持っているのです。ですので、現在では、このチタン合金が歯の治療に広く使われています。このチタン合金に歯を接着する場合にも二通りの方法があります。

一つは歯茎から少し出たチタン合金の先端部分がネジのようになっており、そこに義歯をくるくるとはめ込んでいく方法です。
この方法だと、義歯の取り外しが簡単にできるというのがメリットです。
しかし、チタン合金と義歯の接着度は低いです。

もう一つの方法は、歯茎から出たチタン合金の先端にセメントを塗り、そこに義歯を接着させるという方法です。

鋭い観点から新宿のインプラントが最近こちらで話題になっています。

この方法は歯の取り外しは非常に難しいですが、歯とチタン合金の接着度は非常に高く、物を噛む際に苦労しません。

このように、人工物の歯茎への埋め込みは極一般的な治療となっています。

新宿のインプラントが一般的になってきました。

歯が欠損している方で、ご飯を美味しく食べたいという方は、このような治療を試してみるのが良いかもしれません。


Copyright (C) 2016 歯科治療にはインプラントは欠かせません All Rights Reserved.